011-210-0101 お問い合わせ アクセス・診療時間

札幌市中央区大通西5丁目11-1 電通恒産札幌ビル1階

  • 電話予約
  • 011-210-0101
ボーダー

美しく・使い心地良く・しっかり噛める
院長が独自に開発した入れ歯を、
技工士がひとつひとつ手作りしています

福井歯科クリニックロゴ
ボーダー

治療後のお手入れ

入れ歯のお手入れ方法を知っていますか?

入れ歯には、自分の歯とは違う入れ歯ならではの手入れ方法があることをご存じでしょうか。これまで入れ歯の手入れ方法を教わったことがなく自己流でケアしている方や、今まで一度も手入れせず歯医者さん任せにしている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

自分の歯は手入れしなければ当然汚れが溜まって虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなりますが、入れ歯自体に虫歯や歯周病の心配はありません。しかし、入れ歯を手入れしていないと汚れや食べ残しなどを放置することになるので、入れ歯に着色(ステイン)や歯石、嫌な臭いが付いて不潔な口内環境につながる恐れがあります。また、長年沈着した歯石や汚れは落としにくいため、いざ手入れするときに大変です。

ケアしている方の中には、テレビCMなどでお馴染みの「入れ歯洗浄剤」を使用している方も多いことでしょう。しかし、市販の洗浄剤を使っても入れ歯の着色が落ちないなどの悩みを抱えてはいませんか?その場合は実際に正しい方法で手入れを行えていないのが原因かもしれません。

手入れの重要性

入れ歯を手入れすることで、第一に清潔さが保てます。

先ほど説明したように、入れ歯にも着色や歯石が溜まっていきます。食事が終わったら自分の歯を磨くように、入れ歯も外して手入れしましょう。もし手入れせず口の中に入れ歯を入れっぱなしにして寝たりしてしまうとさらに汚れが付きやすい環境になってしまうので注意してください。

また、清潔さを保つことは入れ歯の臭いのケアにもなります。口臭は周囲の人が気になるポイントでもあるため、入れ歯の手入れは欠かさず行いましょう。

「歯医者でやってもらえばいいや」と考えるかもしれません。確かにクリニックでは超音波洗浄や専用の薬液などを使って落としますが、時間がかかることや落としきれない場合もあります。毎日の自宅での清掃を大切にしましょう。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯の手入れ方法のポイントを紹介します。

1.洗面器やボウルに水を張る

入れ歯を手入れしている間にうっかり入れ歯を落としてしまうと、その衝撃で破損してしまうことがあります。水を張った洗面器やボウルなどの上で行いましょう。

2.入れ歯は外した状態で、ブラシを使って汚れを落とす

入れ歯を装着した状態で歯を磨く方がいるかもしれません。しかし、入れ歯は歯の部分だけでなくピンク(歯茎)部分や裏側にも着色や汚れは溜まります。しっかり磨くためにはちゃんと口から外してから行いましょう。特に、金属(クラスプ)や歯と歯の隙間部分は、構造が細かく汚れが溜まりやすいため念入りに手入れしましょう。

また、手入れをするときは歯磨き粉を使用せず、入れ歯専用のブラシで磨きます。市販されている歯磨き粉の多くは研磨剤が配合されており、入れ歯に傷が付く恐れがあるためです。どうしても汚れが気になる場合は、食器用の洗剤を使うことをおすすめします。

3.力を入れて磨かない

汚れを落とそうとしてつい強い力で磨きたくなるかもしれません。しかし、金属部分は強い力がかかると変形する恐れがあります。手入れする際は力を入れすぎないようにします。

4.入れ歯洗浄剤に浸す

一日一回は、入れ歯洗浄剤を使ってケアしましょう。口から入れ歯を外してすぐに洗浄剤に浸すのではなく、汚れを入れ歯専用ブラシで落とした後に仕上げとして使用することをおすすめします。入れ歯洗浄剤はブラシでは落としきれない、目に見えない汚れの手入れに役立ちます。

水よりもお湯の方が素早く入れ歯洗浄剤が溶けますが、その際は温度に注意が必要です。温度が高いと入れ歯が変形する恐れがあるため、お湯を使う場合は40度~50度程度にしましょう。

入れ歯の修理について

入れ歯を使用していく中で不具合があった場合は、早期に発見すれば入れ歯を作り直さず部分的に修理・補修することが可能です。

ただ口腔内の環境は日々変わるため、入れ歯を作った後は不具合がなくても定期的に歯医者を受診してチェックしてもらいましょう。

お問い合わせ・相談・ご予約

Contact

当院の診療時間はこちら

  日祝
9:30~15:00
(最終受付14:30)
- -
16:30~19:00
(最終受付18:30)
- -
ページトップへ